ビジネスコンテンツ共有プラットフォームのSlideShare、HTML5化でモバイルにも対応

SlideShareプレゼン資料やビデオを簡単に共有することができ、また関連するコンテンツを発見したり、同様の興味をもつ人同士で繋がっていくことを可能とするプラットフォームだ。また企業向けのサービス充実もはかっており、企業内やパートナーからのコンテンツを一括して管理できるブランドページを、IBMその他の企業に提供してもいる。

モバイル環境でさまざまなコンテンツを活用にするようになりつつある現在のトレンドを考えれば、SlideShareのモバイル対応の動きは当然のものとも言える。同サービスはこれまでモバイル用アプリケーションを提供しておらず、またサイトのコンテンツはFlashを利用して提供されていた。Flashを使っていることで、iOS利用者からの利用が難しいものとなっていた。これに対応するため、ネイティブアプリケーションを開発するのか、それともHTML5による実装をめざすのかについては議論もあったようだ。共同ファウンダのJonathan Boutelleによれば、HTML5を活用したモバイル向けサイトを作る方が、iPad、iPhone、Androidデバイスなどに即座に対応できて有利だと考えたそうだ。

SlideShareではHTML5を採用することにより、レンダリング速度は30%向上し、共有する等のインタラクションも簡単に行えるようになった。Boutelleによれば、最新版のSlideShareページでは、パワーポイントおよびワードドキュメントを細かなところまでをHTML5のみでコンバートする特許申請中の技術を使ってもいるそうだ。


SlideShareは6000万人が利用しており、日々数万件ものビジネスプレゼンテーションがアップロードされている。Jonathan Abrams、Mark Cuban、Dave McClure、およびVenrockから300万ドルの追加調達も行なっている。

ビジネスコンテンツ共有プラットフォームのSlideShare、HTML5化でモバイルにも対応

SlideShareプレゼン資料やビデオを簡単に共有することができ、また関連するコンテンツを発見したり、同様の興味をもつ人同士で繋がっていくことを可能とするプラットフォームだ。また企業向けのサービス充実もはかっており、企業内やパートナーからのコンテンツを一括して管理できるブランドページを、IBMその他の企業に提供してもいる。

モバイル環境でさまざまなコンテンツを活用にするようになりつつある現在のトレンドを考えれば、SlideShareのモバイル対応の動きは当然のものとも言える。同サービスはこれまでモバイル用アプリケーションを提供しておらず、またサイトのコンテンツはFlashを利用して提供されていた。Flashを使っていることで、iOS利用者からの利用が難しいものとなっていた。これに対応するため、ネイティブアプリケーションを開発するのか、それともHTML5による実装をめざすのかについては議論もあったようだ。共同ファウンダのJonathan Boutelleによれば、HTML5を活用したモバイル向けサイトを作る方が、iPad、iPhone、Androidデバイスなどに即座に対応できて有利だと考えたそうだ。

SlideShareではHTML5を採用することにより、レンダリング速度は30%向上し、共有する等のインタラクションも簡単に行えるようになった。Boutelleによれば、最新版のSlideShareページでは、パワーポイントおよびワードドキュメントを細かなところまでをHTML5のみでコンバートする特許申請中の技術を使ってもいるそうだ。


SlideShareは6000万人が利用しており、日々数万件ものビジネスプレゼンテーションがアップロードされている。Jonathan Abrams、Mark Cuban、Dave McClure、およびVenrockから300万ドルの追加調達も行なっている。



Tags:   SlideShare, HTML5, Share,
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

Facebookページにご参加ください(・∀・)!


ご意見・ご感想をお待ちしてます(・∀・)!



Notes
  1. yuatetsuの投稿です
blog comments powered by Disqus